おかげ堂鍼灸治療院 MEMORANDUM おかげ堂鍼灸治療院 MEMORANDUM おかげ堂鍼灸治療院 MEMORANDUM おかげ堂鍼灸治療院

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍼灸のPDCAは重層構造(1)

鍼灸施術のPDCAは重層構造(1)

(初診時)…疾患毎
  ☆Intake(受理判断面接) 
    ①Assessment(課題分析把握)
     「主観的情報」と「客観的情報」との相関
    ②Screening(適応可否判断)


  ☆PDCAサイクル…再診時以降

 PDCA → Plan, Do, Check, Action の頭文字(the first letter of a word)
 
Plan(計画)
主訴と愁訴を緩和、改善、除去するために、
施術目標を設定し、
目標達成のための仮説を立て、
プランニング(計画)する

Do(施術)
目標へ向けて計画を実行する
(モニタリングしながら)

Check(評価)
目標が達成できたかを評価する
主訴と愁訴の緩和、改善、除去の程度(状況)を評価する

Action(改善)
評価で捉えた未解決の課題(症状)・新たな課題(症状)の
解決策を考えて施術を追加する 
もしくは、施術を完了する(了解を得る)
もしくは、次回施術(再診)へ向けて経過観察をする(了解を得る)

☆☆☆P・D・C・AのそれぞれのプロセスがPDCAを内包している


















スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。